受験者の傾向

受験者の半数以上は化粧品・

美容関連業界で占めており、

仕事に直結した資格として

支持されています。

化粧品メーカーをはじめ、

OEM、小売業、美容院、エステ、ネイルサロンなど、

多くの企業で社員教育として

日本化粧品検定が導入されています。

(日本化粧品検定協会HPより)